Q&A

子どもの児童期・思春期のこころと身体の抱える問題を音のセラピーで調整して身体のバランスを整えます。

子供の心は非常にデリケートで、親子の間でコミュニケーションがうまくいかないケースも多々あるため、何かを聞き出すことばかりに一生懸命になるのではなく

まずは子どものエネルギーを整えて、生まれた時の自然なバランスに戻していきましょう。

Q カウンセリングの出張はお願いできるの?
A

相談してみたいけど、遠くて行く時間がないという方はまずはお問合せ下さい。

遠方や小さいお子様を抱えている方には、こちらからご自宅やお近くの幼稚園、保育園など出張対応が可能です。


Q 子どもが小さいのでお伺いすることが難しいのですが出張での対応は可能ですか?
A

はい、出張対応可能です。

神奈川の方には海老名サロンもありますので、そちらが近い方は海老名にて体験会が出来ます。

関東県内、もしくは近県の方、お気軽にご連絡下さい。

出張ご希望の方は一度お気軽にお問い合わせの方へ出張希望と書いてご連絡ください。

*交通費に関しては伺う場所により発生する場合がありますのでご了承下さい。

Q サウンドセラピーは毎日受けにいくものですか?
A

毎日受けに行くものではなくて、自宅にて継続的に使っていただくものになります。

自分での瞑想トレーニングになります。

Q サウンドセラピーは何をどうするもの?
A

特別仕様の専用ヘッドフォンを用いて携帯プレイヤーで特殊なCD音楽を聴いていただくものになります。



Q サウンドセラピーで期待できることは何ですか?
A

今まで使って頂き報告のあった方々の一例です

・肌や髪の色つやが良くなった

・表情が明るくなった

・過食を防ぐことが出来た

・目の腫れむくみが消えて目がぱっちりとなった

・飛蚊症が解消した

・更年期障害、生理不順が緩和した

・味覚が敏感になった(薄味で大丈夫仁なった)

・鼻炎、臭いに敏感になり臭覚が戻った

・目が楽になり、乱視、近視、視力、弱視が緩和、失明が避けられた

・突発性難聴、聴力のアンバランス、老人性難聴、耳鳴りの改善

・メンタル面での改善(くよくよ考えなくなったなど・・・)

・EDなど男性機能の改善


Q サウンドセラピーをおすすめしたい人は
A

・能力開発、受験、資格、語学の習得を目指す方

・スポーツのパフォーマンスを上げたい方

・楽器の演奏、音感を高めたい方

・ダンスのパフォーマンスを向上させたい方

・絵画、デザインのセンスを向上させたい方

・自閉症のこどもの能力開発をはかりたい方

・視覚、聴覚、味覚、臭覚などが衰えていて困っている人

・睡眠障害で困っている人

・更年期のトラブルで困っている人

・EDなど男性機能の不全で悩んでいる人

・妊娠中、出産後の身体を元気にしたい人

・疲労、倦怠感などを感じている人

・夫婦仲に問題がある人

・孤独な人

Q サウンドセラピーの特徴は?
A

一般的な音楽療法は、主にストレスや痛みを解消することを目標に、リズムは左脳、メロディは右脳と聴かせリラックスさせるものです。

サウンドセラピーは、前頭葉の頂点から側頭葉まで刺激して脳全体を活性化させます。脳が刺激されることで臓器、皮膚、血管、神経など、全身を活性化させます。

日常では聴くことができない「高周波」音が右耳から聴こえたり、左耳から聴こえたりする「移動音」によって構成されていることで、脳を活性化させます。

Q スピリチュアルに効果を求めることもできますか?
A

サウンドセラピーは特殊な音楽を聴きながら瞑想をして頂くものになります。

個々からは個人の感想によるものですが、サウンドと瞑想で本来の自分に気づき、これからの命の使い方に気づいたり、ひらめき!が結果に繋がったり、宇宙を感じる、生まれてくる時の子宮の中に帰ったり、第三の目(サードアイ)を感じたりなどの報告もあります。

周波数の良さが分かる方にはおススメのものとなります。

Q 高周波音の特徴ってなに?
A

内耳の流れをよくし、耳の一番奥にあるコルチ細胞を共振することで、聴力が高まり、脳への伝達刺激が劇的に高まります。

サウンドセラピーの高周波音を聴くことで、左右の耳を繋ぐ脳幹部分にある中枢と延髄が刺激されます。

また音が聞こえる方向が不規則に変わるので、脳に対するマッサージ効果もあり、音による脳の刺激により自律神経のバランスが整い、リラックスした状態になり、体の各部分の機能が回復します。

Q サウンドセラピーの体験だけしたいでもいいの?
A

もちろんです。

まずはどのようなものかを体験して頂き、ご自身で使ってみたいと思ったらレンタルか購入のご契約をされ使いだしてみるのが一番です。


子ども達の疲れやすくやる気が起きない、集中力が低下し、判断力が鈍る、睡眠障害がある、不安や恐怖心が増し、パニックなどの発作がおこる、感情が不安定、イライラ怒りっぽくなる、自己否定、無力感、引きこもるなどは、こころが壊れる前兆でもあります。

食べ盛りの子どもの食欲がなくなった、寝つきが悪いなど、人間の食事や睡眠は日常の基本的な動作の一部であるため、そのことに興味がなくなっているくらいの身体とこころのストレスが発生していると考えられます。

大きなストレスを感じているときは、適切な休息や環境の変化を取り入れ一度リフレッシュできるような取り組みが必要です。

心のエネルギーが満たされれば、少しずつ元気を取り戻し食欲もわいてきます。

癒し・ヒーリング・リラクゼーションはストレス社会で生きる子ども達にも必要不可欠となるものです。